ニキビが示す体の不調

体の表面にできてしまって多くの人間を悩ませるものとしてニキビが存在します。
ニキビができる原因としては肌の新陳代謝であるターンオーバーの乱れや古い角質が上手く排出されなくなったことによって毛穴を詰まらせるといったものがありますが、実はニキビができてしまうのはそれだけでなく体の不調が原因でなってしまうこともあります。
そのためニキビができるのは体がその不調を表面の見えるところに表示させて訴えるということにもあります。

ニキビは体の様々な部分にできますが、そのできる部分によって訴えている体の不調は変わってきます。
額にできた場合は胃の不調、鼻にできた場合は肝臓や肺の不調、頬にできた場合には胃か肝のどちらかの不調、口元にできた場合は胃だけでなくホルモンバランスが乱れている可能性があり、首にできた場合は自律神経が乱れていることになります。
ニキビ自体ができること自体、体が不調ではありますがそのできる原因を見極めないと見当外れの対策を行ってしまい、一向に改善しないという事態に陥ってしまいます。

しかし本当に肌に何かしらの問題が出て体機能の不調ではないニキビができているという可能性があることも確かです。
では実際に体の不調を訴えているのか、そうではなく肌の不調でできているのか、どちらかを判断するにはどのようにすればいいでしょうか。
実際にそれぞれの箇所にニキビができた場合にはどのような対策を採ればいいのでしょうか。



<特選サイト>
保湿をすることでターンオーバーを正常にし、ニキビを防ぐニキビケア化粧品です ⇒ ニキビケア